被災されたパネルについて。

【はじめに】

先日、西日本豪雨の被災地である岡山県の笠岡市・矢掛町にボランティアに行って参りました。

笠岡市と矢掛町は甚大な被害にあわれた倉敷市の真備町の西側に位置する街。私が伺った地域は堤防の決壊と河川のオーバーフローにより、大人の身長くらいの浸水被害に見舞われ、あたり一面海のようになったそうです。世間の関心や報道は真備町に集まりがちで、笠岡市の状況はあまり取り上げられていません。それでも一軒一軒の被害は笠岡市でも深刻で、高齢者が二日間浮いてる家具の上で背伸びをして生き延びたとか・・・そのような状況があちこちでおきていてまさに修羅場。それでも当初はボランティアが数人しか来ないという状況だったようです。

私が活動したのはたかが半日程度、浸水したお宅の床下に潜り込み溜まった泥を掻き出すという作業をさせて頂きました。お陰様で与えられた任務は無事に済み、予定になかった床下に消毒用の石灰を撒くという作業まで行う事が出来たのですが、私が関わったのはごく狭い範囲での事、被災されたお宅はまだまだ多くあり、それを思うと被災された地域の広さに途方に暮れてしまうばかりでした。

そんな中、数年前に野球部の記念パネルを作成した事がある高校が隣町にある事を知り、もしかしたら以前私が作成したパネルが豪雨により駄目になってしまった・・・という方がこの近くにもいるのではないかと思い、デザインスポーツフォトとしても何かお役にたてる事がないかと思い、下記に該当するチーム様を対象に、デザインしたデーターをお譲りさせて頂きます。前置きが長くなってしまいました・・・・

 

【対象条件など】

1.パネルご注文時にレイアウトされた全員がお買い上げされたチーム様で、2018年西日本豪雨、2017年の九州北部豪雨、熊本地震などで被災しパネルが破損、紛失してしまったお客様。

2.もし被災したパネルがまだお手元にあれば写真などに撮って送って下さい。

3.お住まいの地域の被災状況等をお調べしたり、お伺いさせて頂く場合もございます。

上記条件のお客様にはデザインしたデーターをお譲りさせて頂きますので、パネルの再作成などにご活用下さい。

現物との交換ではなく大変恐縮ではございますが、もし今回被災されたというチーム関係者様はご遠慮なくお申し出頂ければと思います。被災されたのに対象条件に当てはまらないお客様も、状況をお伺いしまして何か出来る事があれば協力させて頂きますので一度ご連絡いただければ幸いです。

 

デザインスポーツフォトHPへ

デザインスポーツフォト作成事例

問い合わせページ

最高の三年間だったと思って頂ける卒部記念品作成します【高校野球部:作成事例】

HP等でご紹介させて頂いていますデザインをブログでもご紹介。

今回のご紹介は愛知県の安城学園高校野球部様。毎年ご依頼頂き、HPの作成事例への掲載も例年ご快諾頂いております。今回は背景デザインが「スタジアム」というパターン、安城学園様のユニホームはピンストライプのスマートなデザインなのでまるでヤンキースのような仕上がりとなりました。一人一人のお写真も躍動感があり、人数も多いので迫力のある仕上がりになったかと思いますが、皆さんに喜んで頂けたようであれば嬉しく思います。

【お客様からのご感想】

高校野球部の卒業記念品としてパネル作成をお願いしました。分からない事も丁寧に教えて下さり、安心してお願いする事が出来ました。本当にありがとうございました。

高校野球、卒部記念品

※ブログでの紹介やHPへの掲載は全て許可を頂いたチーム様に限らさせて頂いていますが、掲載する事で興味を持たれる方が一人でも増え、チームの活性化や付加価値が高まるお役に立てればと思います。

【デザイン力よりも修正力】

高校野球、卒部記念品

デザインパネルは、皆様が撮影した画像を元に作成させていただきますが、様々な条件で撮影された画像の色調を出来るだけ鮮やかに揃うように修正させていただきます。印刷会社で様々な雑誌やポスター等の画像修正オペレーターの経験を活かし大切な思い出がいっそう鮮やかになるようデザインさせて頂きます。

大会記念パネル・卒団記念品の作成、好評受付中です

チームの皆様で撮影した頑張った選手たちのお写真を素敵なパネルにデザインしてみませんか。

一人一人の選手をレイアウトしたデザインパネルや様々な思い出に対応可能な集合写真パネル等、卒団記念品や大会出場記念品に最適です。少年野球から高校野球、大学野球等の様々な年代、野球以外にもサッカーやソフトボール、バスケットボール等様々なスポーツに対応致します。

卒団記念品案内

選手たちに喜んで貰える記念品を作成するなら、ずっと大切にしたいと思えるものを!

皆さんの頑張った思い出デザインします!

 

ご興味などございましたらご遠慮なくHP等からお問い合わせ下さい!

デザインスポーツフォトHPへ

デザインスポーツフォト作成事例

問い合わせページ

常に思う事・・・ | 卒団・卒部記念品作成デザインスポーツフォトBLOG

色々と拙い事ばかりですが、本当にお客様には恵まれているなといつも思います。

特に、商品が届いてからご感想やお礼のメールを送って頂くご担当者様が多く、それらを読んでいると特にそう思います。HP等にご感想をご紹介させて頂くケースもあるのですが、それ以外にもご丁寧にご感想や、卒団式の写真等を送って頂くお客様もいて、ちょっと苦しい時(?)とかは、そんなご感想を読み返すとモチベーションが8割位UPするので本当に励みなり、私も頑張ったチームの皆様にもっともっと喜びをもたらす事が出来るようにならねば・・・と強く思います。

WEBで集客して行うサービスですので、お客様と対面で向き合う事が無く、どうしてもメールでのやり取りがメインになる中で、一仕事終えて頂くご感想はとても温かく感じます。逆に私がお客様とメールや電話でやり取りをする時にそう感じて頂きたいと強く思います。心掛けているだけで実践できているかは自信もなく、しどろもどろの電話対応だったな・・・って時も多いので偉そうな事は言えないのですが、お客様に育てられているのだけは確かです。

思い出を扱う仕事・・・自分で言うのは恐縮ではありますが、それってとても尊い事をさせて頂いていると思っています。しかも、年々その思いは強くなるばかり。

何故か?・・・それはお客様から頂く温かいご感想やご報告から読み取れるチームや選手たちへの思いがダイレクトに心に響くから。選手たちへの愛情を私が変わって形にしているんだと思うと、身が引き締まる気もしますし、そのような素敵なご依頼を頂く事への感謝の気持ちも沸いて来ます。

いい仕事が出来ているかは自身で判断は出来ませんが、素敵なお客様から素敵なお仕事を頂いているのだけは確か。少しでも皆様のご期待に沿えるようにこれからも頑張って行きたいと思います。

 

デザインスポーツフォトHPへ

デザインスポーツフォト作成事例

問い合わせページ

大切な思い出に関わる重みと喜び | 卒団・卒部記念品作成デザインスポーツフォトBLOG

このサービスを始めたのは東日本大震災後。

当時も今も細々とやっている吹けば呼ぶような泡沫なサービスですが、開始当初から震災で甚大な被害を被ったであろう宮城、福島のチーム様からもご依頼を頂き、まだまだ色々とご苦労の多い中で、頑張った選手たちの思い出の記念品を作ろうという関係者の皆様の尊いお気持ちと、他に良いものを作る業者もたくさんある中で弊社を選んで頂いた事を思うと本当にありがたく頭が下がる思いでデザインをさせて頂きました。

津波で甚大な被害を受けた沿岸部だけでなく、原発での避難を余儀なくされた地域もあります。もちろん地域によって被害の差はあるので、恐らくご依頼頂いたチーム様の暮らす地域は少しは落ち着きを取り戻し、子供たちがスポーツに打ちこめる環境も戻りつつあるのかなと思うと、それは復興に向けた明るい兆しのようにも思います。

このようなスポーツチーム向けの記念品をデザイン作成する際に私が最も込める思いは「このチームで頑張って良かった」と思って頂ける事。震災の被災地で頑張った選手たちはこれからの復興に関わるとても大切な世代。故郷で共に戦った仲間達との思い出が故郷を愛する心を育み、大変な事があったけど、素敵な仲間達がいる自分達の街を誇らしく思い、それが少しでも復興に関わる力になれば嬉しく思います。

私も年に1回程、津波の被害を受けた宮城県石巻市の牡鹿半島にボランティアとして伺っていますが、内外的側面で普及はまだまだ道半ば。市街地等は震災前と変わらない生活を取り戻した地域もあれば、沿岸部の過疎地域等では防潮堤や復興住宅の建設もこれからという街もあります。また人々のメンタルの部分も大きく差があります。

被災地から遠く離れた名古屋で暮らす私に出来る事など、本当に微かな事しかなくただの自己満足なのかもしれませんが、被災地でスポーツに打ち込んだ子供たちの素敵な思い出に少しでも花を添えられるようにこれからも頑張って行きたいと思います。

 

デザインスポーツフォトHPへ

デザインスポーツフォト作成事例

問い合わせページ

デザインに愛情込めて | 卒団・卒部記念品作成デザインスポーツフォトBLOG

毎年ご注文頂くチーム様もあれば、一度きりのチーム様もあります。
リピーターのチーム様だとご担当者はその都度変わる事が多いのですが、稀にずっと同じ方が担当して頂く場合もあり、きっとお仕事など忙しいのに週末は指導者や事務局的な立場でチームに関わっているのだな・・・と思うと本当に頭が下がります。

毎年変わらずお声をかけて頂くのは嬉しいのですが、久しぶりにご依頼を頂くケースも嬉しいものです。きっと前回作成した時はお兄ちゃんで、今回は弟が卒団するのかな・・・と思いながら作業させて頂いてます。昨年は小学校の時に作成したので中学校の部活動で作成というケースもあり、逞しく成長した選手の姿をデザインさせて頂き、勝手に感動してしまいました。

選手たちの思い出と、成長に関わる大切なご依頼・・・どんな気持ちで作業しているかと聞かれたら、答えは「全員我が子のような気持ち」でしょうか。

保護者や指導者が選手たちに注いだ愛情にはかなわないかもしれませんが、私もそれに負けないくらいの愛情をデザインに込めていければいいなと思います。

 

デザインスポーツフォトHPへ

デザインスポーツフォト作成事例

問い合わせページ

小学生の甲子園も絶賛開催中

本日の甲子園は雨天中止。

開催中は高校野球ネタで何とか更新を続ける事が出来る・・・と甘い考えでいましたが、中止だとタイムリーなネタが無い。

いずれはデザインの事、カメラマン時代の経験を活かしてスポーツ写真の撮影のコツなんか記していければいいなと思っていますが、今回は神宮球場で開催されてます小学生の甲子園の事でも。

現在、東京で開催されています全日本学童軟式野球選手権は、高校野球と同じで各県の代表が競う、小学生の軟式野球では文句無しに最高峰の大会。各支部予選、県大会を勝ち抜かねばならないうえに、高校野球とは比べ物にならない程の参加チーム数なので、全国大会までにたどり着くまでの道のりは果てしない感じです。

お陰さまで多くの小学生軟式野球チームから御依頼を頂いていますので、毎年、お世話になったチーム様が出場していないか秘かにチェックしていたのですが、今年初めて御依頼頂いたチーム様が出場されていました。しかも2チームも。

昨年御依頼頂いたから・・・という一方通行な思いで勝手に応援して、あつかましいにも程があるのですが、出場チームにお名前を見つけた時は本当に嬉しかったです。小学生の全国大会ですので、世間的には大きく報じられる事もないかと思いますが、前述の出場までの狭き門もさることながら、高円宮賜杯の大会という事もあり、大会の格、権威がそんじょそこらの大会とは違います。こんな部外者が喜ぶくらいなので、ご関係者の喜びは相当なものだったでしょうね。

ご縁のあった2チーム様には一つでも多く勝ち上がって頂いて・・・と願っていましたが、組み合わせを拝見したら、何とその2チームが初戦で対戦する事に。心中複雑でしたが、どちらか1チームは確実に全国大会で1勝出来るのだと思う事にしました。もう1チームは負けてしまう訳ですが、全国大会という舞台で負ける・・・という経験は、選ばれたチームにしか味わえない貴重な経験。そこから産まれる未来へ向けた目標やモチベーションは勝ったチーム以上のものになるかもしれません。

全国大会の参加チーム数は、小学生~中学生~高校野球と進むにつれて減っては行きますが、大会の放つ輝きは増して行きます。いつか全国大会での経験を活かし、もっともっと輝けるステージでプレー出来る事を期待しています!!

http://jsbb.or.jp/tournaments/405

因みに明日は決勝戦だそうです。この夏、最強小学生を決める大会からも目が離せません。

———————————————————————–

※大会記念パネルの作成も好評受付中です。オーダーメードでチームオリジナルの記念パネルを作成致します。