少年野球等でバッターを撮影するコツやタイミング② | 卒団・卒部記念品作成デザインスポーツフォトBLOG

前回はバッターが構えているところという、動きも少なく説明する必要も無いくらい簡単なシチュエーションでしたが、今回はバッターが打ちにいったところ。

バッターに対するすべての投球をピッチャーの手からボールが離れた瞬間からバッターが打つ又はキャッチャーが捕球するまでずっとシャッターを押し続けていればそのうちいいカットは撮れると思いますが、もう少し“撮った”を追求したいと思います。

※今回は特に私的な考え、私の好みな話です!

■打ちにいったところを撮影するタイミングやコツ

バッターがボールを打つところを撮影する場合、やっぱりインパクトの瞬間を撮りたくなってしまいますが、報道のカメラマンのように全球シャッターを押し続けるのも面白くないし、調度いいボールを真芯で捉えるタイミングって意外と少なく、バットには当たっているけどこすったような「これは明らかにファールだな」なカットだったり、低めのボール球に手を出してる腰が引けた写真だったり、中々に上の写真のようなドンピシャなタイミングでは撮れない。撮れたとしても引き付けてボールを見ているので案外表情が見えなかったりします。

なので、バッターが打ちにいったシーンは振り抜いたところ撮るようにしていました。

特に撮影者に対して背中を向けている場合、例えば3塁側から撮っている場合の右打者なんかは思いっきり引っ張るととても迫力のある写真が撮れるので、そういうタイミングを狙っていました。具体的には打球音がしてから一気に撮る感じ。

ただこの場合、特に早いファールボールがカメラマンに向かって飛んでくる危険もあるので撮り終えてすぐプレビューを確認する癖がある人は注意してください。

 

バッターが背中を向けている場合は引っ張たところ、逆にバッターと正対している場合(一塁側から撮影している場合の右打者等)は、引っ張ったところを狙うと(上の写真のように)打球を追う顔が撮影者の反対側に向いてしまい形はカッコいいけど顔が見えないというケースが多かったので・・・

センター返しかやや流すくらいの打球の時にシャッターを押すとカッコよく撮れるように思います。

個人的にはカキーンっと打った音がしたその瞬間に引っ張ったかな?流したかな?顔は見えるかな?と色々と確認してシャッターを押すという感じで撮っていました。もちろん取り損ないや判断間違いは山ほどあります。又、小学生くらいだと流すというよりも振り遅れが多いのですが、高校野球位にレベルが上がるとこの状況で引っ張る事は無いな・・・等と考えながら撮影する事が出来、年代によっても撮影のタイミングが変わったりして面白いかと思います。

まとめると

  1. 撮影者から見てバッターがー背中を向けている場合は引っ張って振りぬいた所がよく顔が見える。
  2. 撮影者とバッターが正対している場合はセンター返しから流し打ちで振りぬいた所がよく顔が見える。
  3. ファールボールには注意する

なんですが、撮影位置が本塁側すぎると1の場合でも顔が見えない事もあるので、撮影ポジションによっても最適なタイミングは変わってくると思います。そんな事をあれこれ考えながら、自身の位置からみて試合の状況やカウントを考え「今はバッターを撮るタイミングではないな」と思ったら守備やピッチャーを撮ったり、あれこれ考えれるようになるとスポーツの撮影はぐっと楽しくなると思います。

今回もかなり独りよがりな解説で多くの人にとって参考にならない可能性が特大ですが、ただ機械的にシャッターを押し続けるのに飽きてきた方は是非参考にしてみてください。

 

《大会記念パネル・卒団記念品の作成も好評受付中です》

チームの皆様で撮影した頑張った選手たちのお写真を素敵なパネルにデザインしてみませんか。

デザインスポーツフォトでは、選手も保護者も頑張った最高の思い出を世界に一つだけのオリジナルパネルにデザイン致します。少年野球や少年サッカーの卒団記念品や、部活動の卒部、引退記念品。大会出場記念パネルや記録用の集合写真等。様々な思い出に対応致します。

卒団記念品、卒部記念品バナー

選手たちに喜んで貰える記念品を作成するなら、ずっと大切にしたいと思えるものを!

皆さんの頑張った思い出デザインします!

 

ご興味などございましたらご遠慮なくHP等からお問い合わせ下さい!

デザインスポーツフォトHPへ

デザインスポーツフォト作成事例

問い合わせページ

少年野球等でバッターを撮影するコツやタイミング① | 卒団・卒部記念品作成デザインスポーツフォトBLOG

いい■構えているバッターを撮影する時に考えていた事。

今回はカメラマン時代にバッターを撮影する時に心掛けていた事をお話しします。

先ずはボックス内で構えているバッターを撮影する時のケース。

ありきたりのバッターの写真ですが、こんな感じでバランスとタイミングを注意して撮影していました。次の写真へ↓

■バランス良くフレーム内に収めるコツ

先ずバランスは、足元のホームベースとバッターボックスの白線をフレミングの下限の基準に。背後に写るベンチの梁とバッターの頭の位置で上部のバランスを調整していました(この写真に関してはです)。

背後や足元に写るものを基準にするのは水平のバランスを取るのにも役に立ちます。上部のバランスは選手の身長によっても変わるし、動作中にも変動するのでどちらかというと足元の基準の方を重要視して撮影していました。因みにこの写真はバットがフレーム内に収まってますが、バットを立てる選手や、もっと近くから大きく撮れる場合はバットは切れてもいいかなと思っています。

簡単な事なのでわざわざ説明する事でもないし慣れてくればいちいち気にすることもなく自然に撮影出来るようにもなりますが、もし頭が切れたり足が切れたりフレミングが定まらない感じの方は“基準”を見つけて撮影してみてください。出来れば一脚を使用する事をお勧めします。

■バッターを撮影するタイミングのコツ

シャッターを押すタイミングはピッチャーが始動してから

その気配をバッターの表情や足の動きで感じ取る事が出来るようになるといい表情、臨場感のある姿が撮影出来るように思います。私は右目でファインダーを除くので三塁側から撮影する時は左目でピッチャー、右目でバッターを見ながら撮影していましたが一塁側からだとバッターの表情から読み取ってタイミングを計ってました。

因みに足の動きでタイミングを計る場合は、そのバッターのフォーム(スタンス)によって個人差があると思います。あらかじめ広いスタンスで立っているバッターは足が上がった瞬間、狭いスタンスで構えるバッターは足を踏み出して着地する瞬間・・・のようにバッターの特徴を観察してどのタイミングが最もカッコいいかなんて考えて撮影するのは楽しかったですし、その後様々なスポーツの撮影に応用出来て色々と役に立ったように思います。

硬式野球記念品用写真素材 野球記念品用写真素材

もう一つ、ピッチャーが始動してからシャッターを押す事のメリットですが、ピッチャーが投球動作に入るとバッターの目つぶりがぐっと減るという事。又、打席に入ってからずっとシャッターを押し続けるよりも、ピッチャーの指導からシャッターを押し始めると無駄なカットも少なくなると思います。

ピッチャーの撮影の際にも言いましたが「撮れた」より「撮った」になりたい人は是非お試し下さい。

※あくまでもタカギの個人的見解ですのでこんな簡単な事は言われなくても分かってるよ!って人はスルーしちゃって下さい!!それに、言われた通りやっても中々上手く撮れない変わった打撃フォームの選手も結構いたりします。でもそういう選手がいるからスポーツ撮影は楽しいですね。

《大会記念パネル・卒団記念品の作成も好評受付中です》

チームの皆様で撮影した頑張った選手たちのお写真を素敵なパネルにデザインしてみませんか。

デザインスポーツフォトでは、選手も保護者も頑張った最高の思い出を世界に一つだけのオリジナルパネルにデザイン致します。少年野球や少年サッカーの卒団記念品や、部活動の卒部、引退記念品。大会出場記念パネルや記録用の集合写真等。様々な思い出に対応致します。

卒団記念品、卒部記念品バナー

選手たちに喜んで貰える記念品を作成するなら、ずっと大切にしたいと思えるものを!

皆さんの頑張った思い出デザインします!

 

ご興味などございましたらご遠慮なくHP等からお問い合わせ下さい!

デザインスポーツフォトHPへ

デザインスポーツフォト作成事例

問い合わせページ

少年野球等でピッチャーを簡単に撮影するコツやタイミング➂ | 卒団・卒部記念品作成デザインスポーツフォトBLOG

■投げ終えた後の躍動感を撮る

少年野球等でピッチャーを簡単に撮影するコツやタイミング① | 卒団・卒部記念品作成デザインスポーツフォトBLOG

少年野球等でピッチャーを簡単に撮影するコツやタイミング② | 卒団・卒部記念品作成デザインスポーツフォトBLOG

2回に渡って参考になるかも分からないピッチャー撮影のコツを紹介させて頂きましたが、今まではテークバックからリリースの瞬間までの投球動作中での撮影ポイントでした。

今回は投げ終えた後の躍動感あるピッチャーの撮影のコツをご紹介。

と言っても、コツは前回と同様に、背景に写るものを基準に選手がどこに収まるか判断するという事。投げ終えた後に腕が暴れる子なんかはフレーム内に上手く収まらなかったりするので、ここでも失敗カットを参考にある程度はフレミングをしておくといいかと思います。

始動してから投げ終えるまでなんとなくシャッターを押し続けるより、ある程度目星をつけて連写したほうが上手くなるんじゃないかと思います。

思い切って大きく切り取って足元やグラブを持った手なんかは少しくらい切れてもその方が動きが感じとれていいかもしれませんね。

因みに言い忘れていましたが、撮影する時は一脚を使用する事を激しくお勧め致します。慣れないとシャッターを押すだけでフレミングが上下動してしまいますので、一脚を使う事でその余分な動きが軽減できるというのは効果絶大そしてラクです。

《大会記念パネル・卒団記念品の作成も好評受付中です》

チームの皆様で撮影した頑張った選手たちのお写真を素敵なパネルにデザインしてみませんか。

デザインスポーツフォトでは、選手も保護者も頑張った最高の思い出を世界に一つだけのオリジナルパネルにデザイン致します。少年野球や少年サッカーの卒団記念品や、部活動の卒部、引退記念品。大会出場記念パネルや記録用の集合写真等。様々な思い出に対応致します。

卒団記念品、卒部記念品バナー

選手たちに喜んで貰える記念品を作成するなら、ずっと大切にしたいと思えるものを!

皆さんの頑張った思い出デザインします!

 

ご興味などございましたらご遠慮なくHP等からお問い合わせ下さい!

デザインスポーツフォトHPへ

デザインスポーツフォト作成事例

問い合わせページ

少年野球等でピッチャーを簡単に撮影するコツやタイミング② | 卒団・卒部記念品作成デザインスポーツフォトBLOG

前回はサイド気味からピッチャーを撮影する際に私が実践していたシャッターを切るタイミング等を書き記しさせて頂きましたが 、今回は少し位置を前より移動して時に見栄え良く撮れるタイミングを説明します。あくまでも個人的な意見で、連写を多用しないとうかなり時代遅れな条件下での説明です

今回説明の撮影位置としては青矢印くらいからになりますが、球場の形状によっては本部席があったりフェンスがあったりでそもそも撮影出来ない!ってケースもあるかもですが、河川敷や学校のグラウンドなんかだと割と容易に撮影出来るポジションかと思います。

■投手を正面気味から見て最も大きく見えるポイント

前回の記事にも書きましたが、撮影者から見て選手が最も大きく広がるポイントが最も見栄えが良く撮れるポイントだと思いますが、青矢印(上図)の位置からだとそれはリリースの瞬間ですね(タカギ調べ)。

こんな感じ。一発でこの瞬間を撮るのは難しいのですが、失敗カットから選手の収まる最適なフレミングを決めて(背景のフェンスやプレートを参考に)、尚且つカメラに慣れてくると少年野球レベルだと単調なタイミングで投げる子が多く比較的容易に撮れるようにはなるかと思います。

でも、たまーに妙に球持ちのいい子や変則なフォームの子がいて四苦八苦もしますが、それはそれでスポーツ写真の醍醐味。サイドから撮影するより腕の動きも早く、ぐっと難易度も増すのですが「撮れた」より「撮った」を実感出来て撮影しがいがあるポイントだと思います。

因みにプロ野球で「このピッチャーのリリースの瞬間撮影しづらいだろうなー」と思うのは現在ソフトバンクの和田毅投手です。大リーグから戻って来て現在のフォームがどうなっているか良く見ていませんが、渡米前のフォーム(今も変わらずかも)は腕がずっと体の陰を這うように移動しているようで撮影しづらそうに見えました。

↑この2枚の写真の場合、ピントはあらかじめ踏み出した足元辺りに合わせてから、頭の位置と外野フェンスを基準にフレミングをしています。

※オーバースロー気味はリリースポイントが頭より高くてフレーミングの調整が難しいです。

私は無駄な連写をしない主義でしたので、許される限りはリリースの瞬間も1押しで仕留めたいと思っていましたが(もちろん1発で撮れない事も多いです)、シャッターを押すタイミングは使用する機材のクセ(タイムラグ)にもよるので一概には言えません。リリースの瞬間に押す!では対応できないことが多く、私の使っていた機材であればという注釈付きになりますが「腕が頭の後ろに隠れた瞬間」に押すと調度いいという感覚でした。

カメラのクセは上級機種ほど少なく、自身のシャッターを押した感覚と実際の写真とでのタイミングの乖離が少なく、初級者向けのカメラほど乖離が大きいと思うのですが、そのクセを考慮して撮影するのも「撮れた」より「撮った」を実感出来て撮影しがいがあると思います(本日2度目)。連写で撮影する場合も、最初のシャッターを押す最適なタイミングというのがあると思うので、そういうのを探りつつ撮ったりすると、きっと腕も上達してチームから信頼される名カメラマンになれるはずです。

これらの説明はあくまでもタカギの個人的見解。しかも数年前の経験を踏まえた事なのでカメラもずっと進歩した昨今の現状にそぐわない面も多々あるかと思いますので参考にならないという方は大いにスルーしちゃって下さい!!

《大会記念パネル・卒団記念品の作成も好評受付中です》

この秋の天候不順で、お子様たちの野球大会なんかも日程変更など色々大変だったかと思いますが、これから天気も回復して絶好のスポーツ日和。観戦するお父さんお母さんは絶好の撮影日和ですね!

そんな自慢のお写真をデザインスポーツフォトでは、最高にカッコいい記念パネルにデザイン致します。
卒団記念品、卒部記念品バナー

選手たちに喜んで貰える記念品を作成するなら、ずっと大切にしたいと思えるものを!

皆さんの頑張った思い出デザインします!

 

ご興味などございましたらご遠慮なくHP等からお問い合わせ下さい!

デザインスポーツフォトHPへ

デザインスポーツフォト作成事例

問い合わせページ

少年野球等でピッチャーを簡単に撮影するコツやタイミング① | 卒団・卒部記念品作成デザインスポーツフォトBLOG

昨今のデジタルカメラの普及は凄まじく、大会の現場などに赴くと殆どの保護者の方がとてもいいカメラを構えて我が子やチームメイトのお写真を撮影していますね。

私も以前は撮影の仕事をしていたので、今の時代に参考になるか分かりませんがスポーツの撮影の際に心掛けていた事やコツ等を少し記していきたいと思います。今回は野球の投手について。

■投手を撮影する時に最も簡単で見栄え良く撮れるタイミング(タカギ調べ)

とにかく連写でたくさん撮影して、後でお気に入りのカットを選んで、何かしらの素材にする際はPCでトリミングすればOK!!・・な方も多くいるかと思いますが、ここではもう少し丁寧に、1枚1枚確実に撮影する事を前提に説明していきます。そうする事で連写で撮影した際でも無駄なシャッターを切る事が少なくり、後々の整理などが楽になるかもです。

■横側から撮影する場合

 

で。ピッチャーを最も簡単に、見栄え良く撮れると私が思うタイミングですが、それは撮影場所によって変化します。先ずは最もありがちなシチュエーションであるサイドからの撮影。上のイラストで言うと赤矢印くらいの位置感覚。観客席のある球場等はベンチの上、地べたのグラウンドだったらベンチの端(外野側)辺りだと思いますが、この位置からだとテークバックでピッチャーの体が大きく開いた最も投手らしい瞬間が簡単に撮れると思います。恐らく説明しなくても皆さんこの位置から撮影すると思います。

少年野球左腕

↑一塁側から撮影した左投手

少年野球右投手

↑三塁側から撮影した右投手

踏み出した足が地面に着地する寸前から直後、このタイミングだとボールを握った腕が最も体から離れて開き選手が大きく見えます。又、投球動作的にもここから先は一気に腕の速さが増してしまい難易度も上がるのでこのタイミング抑えれるようになると簡単にカッコいい写真がたくさん撮れるようになります。

高校野球投手説明画像

因みに、紹介している写真はトリミングなど一切していないのですが、バランスよく撮影するコツとしては、フェンスと地面の境目だったり背後に写るあらゆる対象物(赤矢印)で選手の高さプレートや踏み出した足で掘れてしまったマウンドの窪み等(黄色矢印)で選手の幅を認識し、あらかじめレンズのズームを合わせておいて待ち構えて撮る・・・という事をしていました。慣れてくると直後のプレーもこの流れの中でパパっと撮れるようになります。

 

高校野球の投手説明画像

投手というのは一連の動作の中で、高さが変動する特徴があるので、その変化に対応する為には背景に写るものを基準にするとう事はとても有効に思いました。最初は取り損ないも多いかもしれませんが、その取り損ないを見て「今度はフェンスが入るように」等と基準を見つけると、コンスタントにバランスの良い写真が撮れるようになるのでは・・と思います。

流石に1枚1枚撮るのは古い撮り方かと思いますが、腕の動きが遅く、最も大きく体が開くこのタイミンに合わせて連写をすれば無駄打ちを減らせて後々のデーター処理等も楽になるかもしれませんし、電池の消耗やシャッターユニットも長持ちするかもしれません(今はもうそんな事気にする時代ではないのかな)。

あくまでも数年前の自身の考えなので、少し小さめで連写で撮れば後から加工したりするのが目的であれば私の勧める撮り方は向いていないかもしれませんが、「撮れた」より「撮った」を優先する人にはお勧めだと思います。

 

■投手と正対していない場合

今まで紹介した写真は全て撮影者と投手が正対していますが、そうでない場合は少し本塁側に移動すれば同じタイミングで背中越しの表情を入れて撮影出来ます。選手の表情は前後への移動で見え方が変化しますので、自由に動ける会場では色々と撮影場所を変えて試してみたりすると面白いと思います。

少年野球写真

大学野球写真

こんな感じ。上の写真も背景のフェンスや芝と土の境目など基準線があるので、取り損ないカットを参考して修正していけばバランスよく撮れるようになるかと思います。

まとめると

  • 撮影者から見て最も体が大きき見えるタイミングが、その位置からの被写体の見栄えが最も良い瞬間
  • 撮ろうとしている被写体ではなく、その背景に写るものをよく観察してバランスの基準にする
  • あらかじめフレミングして待ち構えておく
  • 失敗したカットにバランスよく撮れるヒントが隠れている

といったところでしょうか。
今回はサイド気味のポジションから撮影するシチュエーションで説明しましたが、正面気味の場合も同じです。腕の動きが早くなるので難しくなるのですが、次回は正面気味のポジションからの投手の撮影の仕方(あくまでもタカギ流)を説明できればと思います。

※あくまでも経験談ですので、腕のある人はスルーで(笑)

《大会記念パネル・卒団記念品の作成も好評受付中です》

この秋の天候不順で、お子様たちの野球大会なんかも日程変更など色々大変だったかと思いますが、これから天気も回復して絶好のスポーツ日和。観戦するお父さんお母さんは絶好の撮影日和ですね!

そんな自慢のお写真をデザインスポーツフォトでは、最高にカッコいい記念パネルにデザイン致します。
卒団記念品、卒部記念品バナー

選手たちに喜んで貰える記念品を作成するなら、ずっと大切にしたいと思えるものを!

皆さんの頑張った思い出デザインします!

 

ご興味などございましたらご遠慮なくHP等からお問い合わせ下さい!

デザインスポーツフォトHPへ

デザインスポーツフォト作成事例

問い合わせページ