U18アジア野球選手権大会~根尾君の活躍~

只今開催中のU18アジア野球選手権大会。大阪桐蔭高校の根尾君がサイクル安打の大活躍。

http://www.chunichi.co.jp/chuspo/article/sports/news/CK2018090402000182.html

根尾君の活躍や実力なんてもはや言わずもがな。日本中に知れ渡っている訳ですが、そんな根尾君を小学校時代に何度か撮影させて頂いた事があります。

「小学生で130キロ出す奴がいる」と当時から界隈では話題になっていて、私が撮影した時もNPBJrトーナメントのドラゴンズのスカウトが見に来ていたりと怪童っぷりが知れ渡りつつある感じでした。

プレーの方もスキーで鍛えた圧倒的な身体能力を活かし、小学生とは思えないスケール。投げれば130キロ、打てば柵越え、守備範囲はほぼ1~3塁間と、学童野球に高校生が一人混じっているかのようでした!

・・・と言いたいところですが、野球経験のないただの野球好きのタカギはそこまで目が肥えている訳でなく「思ったより小さいな」と思っただけで、当時の記憶も根尾君のプレーの印象もあんまり残っていない残念っぷりなのです。

一つ印象に残っているのは対戦相手の監督さんが良く知っている方で、「攻略できる自信はある」と妙に強気だった事。実際に試合の方も接戦で、根尾君がずば抜けて活躍したという展開ではなかったと記憶しています。

でもどこか大人びていて、冷静に状況を俯瞰して落ち着いてプレーしているような印象は強く残っています。小学生らしい無邪気さは無いけどクレバー・・・。かといってお山の大将のような独善性は無く、背中でチームを引っ張り、皆が付いていく選手という感じ。チーム自体も岐阜県の飛騨地方にある地域のチームで、近所の頼りになるお兄ちゃんという印象ですね。

でもやはり見る人が見れば只者ではない訳で、中学生になっても折に触れてその活躍は伝わってきて、いまや日本を代表する選手にまでなった事はあつかましくも感慨深く感じています。

https://www.nikkansports.com/baseball/column/techo/news/201804060000008.html

そして根尾君の素晴らしいところは、そのプレーやフィジカル的な能力以上に、その人柄の素晴らしを伝える記事が多く目につくところ。きっと将来の野球界を引っ張っていく名選手になる事は間違いないと思いますので、これからも怪我無く良いプレーで我々を魅了する事を期待しています。

 

デザインスポーツフォトHPへ

デザインスポーツフォト作成事例

問い合わせページ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA