伊万里高校満員のアルプス|大会記念品作成デザインスポーツフォトBLOG

判官贔屓でちょっとずれた着眼点で観戦してしまうセンバツ甲子園。

昨夜、近所を歩いているとやけに観光バスが通り過ぎるな・・・と思ったら東邦高校の応援団が帰ってくるタイミングでした。残念ながら負けてしまいましたが、お疲れ様でした。そして試合は見れずですいませんでした。

でもその前の試合は見てましたよ。大阪桐蔭対伊万里高校。

やはり、日本トップクラスの銀河系軍団との間にはどうしようもできない実力差が存在していて、毎回お馴染みの「21世紀枠どうなん?」的なコメントがネット上には見受けられましたが、タカギ的には「何がいかんのだ?」です。

あの満員のアルプス席の応援、選手はどんな風に思って戦っていたのかな?本当に心強い応援だったと思います。歴史のある公立の進学校だけあって、地域の方々にも愛されていてOBも大勢輩出しているし、選手は母校に故郷にどれだけ誇りを持った事か・・・あの応援を背に戦った選手たちはこれからどんな大人に成長していくのかな、何年後かに地域の野球に貢献する良き指導者になってるかもしれないし、伊万里高校が甲子園の常連になるきっかけになるかもしれない。点差や実力で安易に判断するのではなく、広い視点で見れば21世紀枠は学校、部員、地域などに様々な付加価値を与える良い制度だと思います。

そして、最終回の伊万里高校の攻撃は本当に素敵でした。ピッチャーが交代するや否や襲い掛かる打線は九州大会にまで進んだ本来の実力を見せてくれましたね。さすがに大阪桐蔭のエース級ともなると手こずるけど、2~3番手の投手だったら鋭い当たりを連発で一気に畳みかける・・・決して実力の無いチームでは無いと思いました。解説の方も指摘していましたが1点目のタイムリーを打ったランナーがレフトオーバーの打球であったのに1塁でストップしていたのは頂けないかもしれませんが、その辺りの初々しさも見ていて面白かったです。

選手達もどこにでもいそうな純朴そうな球児ばかり。大阪桐蔭と比べたら華奢な感じの選手も多いように見受けられましたが、タカギの目にはヒーローのように映りました。アルプス席に皆の目にもきっとそう映ったと思います。恐らく将来日本の野球界のヒーローになるであろう選手達を相手に戦う伊万里のヒーロー、試合には大差で負けましたが、横綱相手に打ち取って奪った2点がもたらして喜びは勝利に匹敵するものであったと思います。そしてあのアルプス席の応援団の皆が幸せだったと思います。

あの最終回の意地が大きな転換点になり、美しい地名、素敵な響きの「IMARI」の文字をこれからも甲子園に見る事が出来るよう大いに期待しています!

《大会記念パネル・卒団記念品の作成も好評受付中です》

チームの皆様で撮影した頑張った選手たちのお写真を素敵なパネルにデザインしてみませんか。

一人一人の選手をレイアウトしたデザインパネルや様々な思い出に対応可能な集合写真パネル等、卒団記念品や大会出場記念品に最適です。少年野球から高校野球、大学野球等の様々な年代、野球以外にもサッカーやソフトボール、バスケットボール等様々なスポーツに対応致します。

選手たちに喜んで貰える記念品を作成するなら、ずっと大切にしたいと思えるものを!

皆さんの頑張った思い出デザインします!

 

ご興味などございましたらご遠慮なくHP等からお問い合わせ下さい!

デザインスポーツフォトHPへ

デザインスポーツフォト作成事例

問い合わせページ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA