大相撲初場所二日目|卒団・卒部記念品作成デザインスポーツフォトBLOG

大相撲初場所二日目。

少し白鵬批判みたいな事を昨日記してしまったので、なんとなく気になって観てしまいましたが、初日から二日連続で張り手やかちあげのない相撲をとっていますね。この先“くせ”が出てしまうかもしれませんが、やっぱり相手を受け止める相撲の方が観ていて面白いですよ。いつもより攻め込まれているような印象を受けますがちゃんと勝つのだからこのスタイルで取り続けてほしいなーと思います。

少し蒸し返しますが、昨今のゴタゴタで貴乃花親方VS協会の対立がクローズアップされていて、少し忘れられた感があった“モンゴル会”ですが、協会としてはどういう見解なのかが気になっています。福祉的な活動をするのはもちろん大いに結構なのですが、頻繁に他部屋の同郷力士と交流するというのは、八百長とまでは言いませんが無気力相撲の温床になってしまうような気がして個人的には少し心配だなと思っています。大相撲で活躍するからには、同郷だからといって無用な馴れ合いは慎む・・・というのは少しドライでもあり酷な事なのかもしれませんが、ガチ相撲をやるからには必須なのかなって思います。

貴乃花部屋はもちろん、貴乃花一門としてもそういう方針だと思うのですが、成長著しい阿武勝は貴乃花一門の阿武松部屋、貴景勝と二人、期待のホープとしてここ一年結果を残しているだけに他部屋とつるまない孤高の方針というのはあながち間違っていないのではって思います。

ちなみに名古屋場所中によく見学にお邪魔するタカギお気に入りの千賀の浦部屋は、前親方の定年退職を機に新たに貴乃花一門へと継承されましたが、その後、久しく途絶えていた関取力士が誕生するなど力をつけています。

何かと批判にさらされている貴乃花親方ですが、彼の理想とする相撲道は間違いなくクリーンでガチ(残念なボキャブラリー)。それだけに協会に対する鬼のようなツンデレ塩対応は本当に勿体ないなーと思うのですが、いつか良い方向に向かう事を期待しています!

《大会記念パネル・卒団記念品の作成も好評受付中です》

チームの皆様で撮影した頑張った選手たちのお写真を素敵なパネルにデザインしてみませんか。

一人一人の選手をレイアウトしたデザインパネルや様々な思い出に対応可能な集合写真パネル等、卒団記念品や大会出場記念品に最適です。少年野球から高校野球、大学野球等の様々な年代、野球以外にもサッカーやソフトボール、バスケットボール等様々なスポーツに対応致します。

選手たちに喜んで貰える記念品を作成するなら、ずっと大切にしたいと思えるものを!

皆さんの頑張った思い出デザインします!

 

ご興味などございましたらご遠慮なくHP等からお問い合わせ下さい!

デザインスポーツフォトHPへ

デザインスポーツフォト作成事例

問い合わせページ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA