少年野球等でバッターを撮影するコツやタイミング① | 卒団・卒部記念品作成デザインスポーツフォトBLOG

いい■構えているバッターを撮影する時に考えていた事。

今回はカメラマン時代にバッターを撮影する時に心掛けていた事をお話しします。

先ずはボックス内で構えているバッターを撮影する時のケース。

ありきたりのバッターの写真ですが、こんな感じでバランスとタイミングを注意して撮影していました。次の写真へ↓

■バランス良くフレーム内に収めるコツ

先ずバランスは、足元のホームベースとバッターボックスの白線をフレミングの下限の基準に。背後に写るベンチの梁とバッターの頭の位置で上部のバランスを調整していました(この写真に関してはです)。

背後や足元に写るものを基準にするのは水平のバランスを取るのにも役に立ちます。上部のバランスは選手の身長によっても変わるし、動作中にも変動するのでどちらかというと足元の基準の方を重要視して撮影していました。因みにこの写真はバットがフレーム内に収まってますが、バットを立てる選手や、もっと近くから大きく撮れる場合はバットは切れてもいいかなと思っています。

簡単な事なのでわざわざ説明する事でもないし慣れてくればいちいち気にすることもなく自然に撮影出来るようにもなりますが、もし頭が切れたり足が切れたりフレミングが定まらない感じの方は“基準”を見つけて撮影してみてください。出来れば一脚を使用する事をお勧めします。

■バッターを撮影するタイミングのコツ

シャッターを押すタイミングはピッチャーが始動してから

その気配をバッターの表情や足の動きで感じ取る事が出来るようになるといい表情、臨場感のある姿が撮影出来るように思います。私は右目でファインダーを除くので三塁側から撮影する時は左目でピッチャー、右目でバッターを見ながら撮影していましたが一塁側からだとバッターの表情から読み取ってタイミングを計ってました。

因みに足の動きでタイミングを計る場合は、そのバッターのフォーム(スタンス)によって個人差があると思います。あらかじめ広いスタンスで立っているバッターは足が上がった瞬間、狭いスタンスで構えるバッターは足を踏み出して着地する瞬間・・・のようにバッターの特徴を観察してどのタイミングが最もカッコいいかなんて考えて撮影するのは楽しかったですし、その後様々なスポーツの撮影に応用出来て色々と役に立ったように思います。

硬式野球記念品用写真素材 野球記念品用写真素材

もう一つ、ピッチャーが始動してからシャッターを押す事のメリットですが、ピッチャーが投球動作に入るとバッターの目つぶりがぐっと減るという事。又、打席に入ってからずっとシャッターを押し続けるよりも、ピッチャーの指導からシャッターを押し始めると無駄なカットも少なくなると思います。

ピッチャーの撮影の際にも言いましたが「撮れた」より「撮った」になりたい人は是非お試し下さい。

※あくまでもタカギの個人的見解ですのでこんな簡単な事は言われなくても分かってるよ!って人はスルーしちゃって下さい!!それに、言われた通りやっても中々上手く撮れない変わった打撃フォームの選手も結構いたりします。でもそういう選手がいるからスポーツ撮影は楽しいですね。

《大会記念パネル・卒団記念品の作成も好評受付中です》

チームの皆様で撮影した頑張った選手たちのお写真を素敵なパネルにデザインしてみませんか。

デザインスポーツフォトでは、選手も保護者も頑張った最高の思い出を世界に一つだけのオリジナルパネルにデザイン致します。少年野球や少年サッカーの卒団記念品や、部活動の卒部、引退記念品。大会出場記念パネルや記録用の集合写真等。様々な思い出に対応致します。

卒団記念品、卒部記念品バナー

選手たちに喜んで貰える記念品を作成するなら、ずっと大切にしたいと思えるものを!

皆さんの頑張った思い出デザインします!

 

ご興味などございましたらご遠慮なくHP等からお問い合わせ下さい!

デザインスポーツフォトHPへ

デザインスポーツフォト作成事例

問い合わせページ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA