少年野球等でピッチャーを簡単に撮影するコツやタイミング➂ | 卒団・卒部記念品作成デザインスポーツフォトBLOG

■投げ終えた後の躍動感を撮る

少年野球等でピッチャーを簡単に撮影するコツやタイミング①

少年野球等でピッチャーを簡単に撮影するコツやタイミング②

2回に渡って参考になるかも分からないピッチャー撮影のコツを紹介させて頂きましたが、今まではテークバックからリリースの瞬間までの投球動作中での撮影ポイントでした。

今回は投げ終えた後の躍動感あるピッチャーの撮影のコツをご紹介。

と言っても、コツは前回と同様に、背景に写るものを基準に選手がどこに収まるか判断するという事。投げ終えた後に腕が暴れる子なんかはフレーム内に上手く収まらなかったりするので、ここでも失敗カットを参考にある程度はフレミングをしておくといいかと思います。

始動してから投げ終えるまでなんとなくシャッターを押し続けるより、ある程度目星をつけて連写したほうが上手くなるんじゃないかと思います。

思い切って大きく切り取って足元やグラブを持った手なんかは少しくらい切れてもその方が動きが感じとれていいかもしれませんね。

因みに言い忘れていましたが、撮影する時は一脚を使用する事を激しくお勧め致します。慣れないとシャッターを押すだけでフレミングが上下動してしまいますので、一脚を使う事でその余分な動きが軽減できるというのは効果絶大そしてラクです。

《大会記念パネル・卒団記念品の作成も好評受付中です》

チームの皆様で撮影した頑張った選手たちのお写真を素敵なパネルにデザインしてみませんか。

デザインスポーツフォトでは、選手も保護者も頑張った最高の思い出を世界に一つだけのオリジナルパネルにデザイン致します。少年野球や少年サッカーの卒団記念品や、部活動の卒部、引退記念品。大会出場記念パネルや記録用の集合写真等。様々な思い出に対応致します。

卒団記念品、卒部記念品バナー

選手たちに喜んで貰える記念品を作成するなら、ずっと大切にしたいと思えるものを!

皆さんの頑張った思い出デザインします!

 

ご興味などございましたらご遠慮なくHP等からお問い合わせ下さい!

デザインスポーツフォトHPへ

デザインスポーツフォト作成事例

問い合わせページ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA