少年野球等でピッチャーを簡単に撮影するコツやタイミング② | 卒団・卒部記念品作成デザインスポーツフォトBLOG

前回はサイド気味からピッチャーを撮影する際に私が実践していたシャッターを切るタイミング等を書き記しさせて頂きましたが 、今回は少し位置を前より移動して時に見栄え良く撮れるタイミングを説明します。あくまでも個人的な意見で、連写を多用しないとうかなり時代遅れな条件下での説明です

今回説明の撮影位置としては青矢印くらいからになりますが、球場の形状によっては本部席があったりフェンスがあったりでそもそも撮影出来ない!ってケースもあるかもですが、河川敷や学校のグラウンドなんかだと割と容易に撮影出来るポジションかと思います。

■投手を正面気味から見て最も大きく見えるポイント

前回の記事にも書きましたが、撮影者から見て選手が最も大きく広がるポイントが最も見栄えが良く撮れるポイントだと思いますが、青矢印(上図)の位置からだとそれはリリースの瞬間ですね(タカギ調べ)。

こんな感じ。一発でこの瞬間を撮るのは難しいのですが、失敗カットから選手の収まる最適なフレミングを決めて(背景のフェンスやプレートを参考に)、尚且つカメラに慣れてくると少年野球レベルだと単調なタイミングで投げる子が多く比較的容易に撮れるようにはなるかと思います。

でも、たまーに妙に球持ちのいい子や変則なフォームの子がいて四苦八苦もしますが、それはそれでスポーツ写真の醍醐味。サイドから撮影するより腕の動きも早く、ぐっと難易度も増すのですが「撮れた」より「撮った」を実感出来て撮影しがいがあるポイントだと思います。

因みにプロ野球で「このピッチャーのリリースの瞬間撮影しづらいだろうなー」と思うのは現在ソフトバンクの和田毅投手です。大リーグから戻って来て現在のフォームがどうなっているか良く見ていませんが、渡米前のフォーム(今も変わらずかも)は腕がずっと体の陰を這うように移動しているようで撮影しづらそうに見えました。

↑この2枚の写真の場合、ピントはあらかじめ踏み出した足元辺りに合わせてから、頭の位置と外野フェンスを基準にフレミングをしています。

※オーバースロー気味はリリースポイントが頭より高くてフレーミングの調整が難しいです。

私は無駄な連写をしない主義でしたので、許される限りはリリースの瞬間も1押しで仕留めたいと思っていましたが(もちろん1発で撮れない事も多いです)、シャッターを押すタイミングは使用する機材のクセ(タイムラグ)にもよるので一概には言えません。リリースの瞬間に押す!では対応できないことが多く、私の使っていた機材であればという注釈付きになりますが「腕が頭の後ろに隠れた瞬間」に押すと調度いいという感覚でした。

カメラのクセは上級機種ほど少なく、自身のシャッターを押した感覚と実際の写真とでのタイミングの乖離が少なく、初級者向けのカメラほど乖離が大きいと思うのですが、そのクセを考慮して撮影するのも「撮れた」より「撮った」を実感出来て撮影しがいがあると思います(本日2度目)。連写で撮影する場合も、最初のシャッターを押す最適なタイミングというのがあると思うので、そういうのを探りつつ撮ったりすると、きっと腕も上達してチームから信頼される名カメラマンになれるはずです。

これらの説明はあくまでもタカギの個人的見解。しかも数年前の経験を踏まえた事なのでカメラもずっと進歩した昨今の現状にそぐわない面も多々あるかと思いますので参考にならないという方は大いにスルーしちゃって下さい!!

《大会記念パネル・卒団記念品の作成も好評受付中です》

この秋の天候不順で、お子様たちの野球大会なんかも日程変更など色々大変だったかと思いますが、これから天気も回復して絶好のスポーツ日和。観戦するお父さんお母さんは絶好の撮影日和ですね!

そんな自慢のお写真をデザインスポーツフォトでは、最高にカッコいい記念パネルにデザイン致します。
卒団記念品、卒部記念品バナー

選手たちに喜んで貰える記念品を作成するなら、ずっと大切にしたいと思えるものを!

皆さんの頑張った思い出デザインします!

 

ご興味などございましたらご遠慮なくHP等からお問い合わせ下さい!

デザインスポーツフォトHPへ

デザインスポーツフォト作成事例

問い合わせページ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA