本当に頑張った方々の思い出 ~大会出場記念パネル・卒団記念品デザイン~ | 卒団・卒部記念品作成デザインスポーツフォトBLOG

本当に頑張った方々の思い出 ~大会出場記念パネル・卒団記念品デザイン~

以前、震災後にも関わらず東北地方から多くのご依頼を頂くとブログに綴らさせて頂きました。

そのようなチーム様の中で特に印象に残っているのが、チーム結成日に東日本大震災が発生したソフトボールチームからのご依頼。沿岸部ではありませんが福島県という事で震災直後は避難されたり、ご関係者の中に被災されたりした方もいたかもしれず、そのような経緯の中で結成し5年という歳月を経て県大会に出場。その記念すべき思い出の品を弊社にて作成させて頂きました。

ソフトボール大会出場記念パネル

2年前のデザインですの今見ると細部に詰めの甘さが見られ、作成側としましては再度作り直したい気分ですが、大変喜んで頂き、チームの皆さんの頑張りに恥じない最低限のものは出来たかなと思っています。

そしてご感想も頂きました。

「当スポ少は東日本大震災翌日に結団式を予定していました。結団も危ぶまれたところでしたが、何とか乗り越え5年目にして、初の県大会に出場できるまでに成長しました。この県大会出場の記念として、何か形として残るものを検討していたところ、デザインスポーツフォトさんのHPに出会うことができました。依頼から納品まで、事細かな要望にも迅速に対応していただき、素晴らしいものが形として残すことができました。納会の日に配布しましたが、子どもたち、保護者の感激している姿がとても印象的でした。また、別の機会でもお願いしたいとの声も出てきました。今後ともよろしくお願いいたします。」

この文面は今でも時々読み返します。
未曽有の大惨事と共に歩み始めたチームの歴史、結成すら危ぶまれた状況からのチームの躍進は、被災地で生活していな私の想像の及ばない程の苦労が積み重なっての結果だと思います。

「頑張ろう東北」「頑張ろう福島」が溢れた2011年。殆どの人が心の底からそう思っていたはずですが、本当に頑張っていた人たちの思い出に携わるという事は、とても身が引き締まり、こんな事を言うのは他のお客様に失礼にあたるかもしれませんが、いつも以上に丁寧に心を込めて作業させて頂いた記憶があります。

スポーツを頑張る子供たちの元気な声は物質的には何も生み出す事はありませんが、復興に向けて頑張る人々の心には大きく響き、計り知れないパワーとなったはずです。そんな尊い子供たちの頑張りを一生大切なして頂けるように形する・・・そう思うと何だかとてもやる気が沸いて来て、頑張ろう!と思うのです。

まだまだ未熟な面もありますが、素敵なお客様の素敵な思い出に勇気を貰いながら少しでもいい物を作りたいと思います。

 

デザインスポーツフォトHPへ

デザインスポーツフォト作成事例

問い合わせページ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA