大相撲 ご贔屓力士 | 卒団・卒部記念品作成デザインスポーツフォトBLOG

大相撲は日馬富士も三連敗で果たして誰が優勝するか気になりますね。

タカギは名古屋在住なので名古屋場所の際は、趣味の自転車で色々な相撲部屋の稽古を見学に行きます。自宅から近いのは隠岐の海や北勝富士の八角部屋、残念ながら亡くなってしまいましたが千代の富士の九重部屋、そして現在勝ち頭の阿武咲がいる阿武松部屋等があるのですが、そんな中、個人的に最もお薦めというか応援しているのが千賀ノ浦部屋です。千賀ノ浦親方は元隆三杉、名古屋場所の宿舎と稽古場は下町の住宅街の中にあって目立たないのですが、道路脇に土俵があるのでとても見学し易くついつい何度も通ってしまいます。

千賀ノ浦部屋には現在、十両以上の力士がおらずあまり知名度も高くありません。以前は枡乃山という幕内力士がいたのですが、持病や怪我等で序の口まで陥落・・・幕内力士で序の口まで陥落した力士は昭和以降二人しかおらず、恐らく枡乃山が昭和以降最も番付が陥落した力士だと思います。そんな枡乃山は現在も現役で徐々に番付を上げていっており、この先頑張っていけば記録的な再入幕も見られるかもしれません。

そんな千賀ノ浦部屋ですが、舛の勝という幕下力士が十両まであと少し、番付的に恐らくあと1勝すれば十両に上がれるのでは・・・というポジションにいて絶賛応援中です。部屋唯一の幕内力だった枡乃山はいるものの、他の力士は自身より格下のものばかりで稽古する上では色々と不利な面もあるかもしれませんがコツコツと番付を上げ、幕下の上位にまでたどり着きました。大卒エリートの活躍が目立つ昨今、中卒叩き上げというのもいかにも苦労人のようで余計に応援したくなります。

今夏に千賀ノ浦部屋に見学に行った際は、舛の勝は殆ど見かける事がありませんでした。それは、幕下ながら自身が最上位の環境で稽古するのではなく、積極的に他の部屋に出稽古に出向き、格上の力士に胸を借りていたからのようでした。そんな積極的な姿勢が実り、秋場所は開幕から3連勝、元幕内力士達を相手に絶好調です。現在の番付は幕内の3枚目、いよいよ十両が射程圏内です。

世間は盛り上がりに欠ける場所だと少し白け気味の感がある秋場所ですが、タカギ的には小さい部屋でコツコツ頑張って来た叩き上げ力士の活躍に大注目中です。十両から幕内に上がるのはそれ程違いは無いといいますが、幕内から十両は雲泥の差です。是が非でも舛の勝には頑張って夢をつかみ取ってほしいと思います。

因みに千賀ノ浦部屋には各界唯一のハンガリー人力士である枡東欧という力士がいたり、公式Twitterは恐らく各界一面白いと思います。史上最大の復活劇を遂げつつある枡ノ山の活躍も見逃せず、地味ながら注目の千賀ノ浦部屋から目が離せません!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA