福岡に行って感じたホークスとドラゴンズの差 | 卒団・卒部記念品作成デザインスポーツフォトBLOG

高校野球が終わりネタも枯渇気味。案の定、数日ブランクが生じてしまいましたが、その間福岡に行っていました。

学生時代は福岡の大学に通っていた関係で9年ほど住んでいたのですが、改めていい街ですね。海もあって山もあって美味しいものもあって活気があって。街の規模は名古屋の方がずっと大きいのですが、感じる賑わいは福岡の方が断然上なので不思議です。

福岡について語りだすと恐らくあと2~3日はかかるので色々と端折りますが、仕事絡みな事を言うと、福岡県はご依頼数の多い県BEST3に確実に入るほど多くのチーム様にお世話になっているので足を向けては寝れない感じです。特に野球に関しては盛んというか熱い県なのでご依頼も野球とソフトボールが多いですね。

そんな福岡といえばSBホークス。今回も街中でユニホームを着た人を多く見かけました。名古屋はドラゴンズの人気低下が著しく、地下鉄内でアウェーチームのユニホームを着ている人を見かけて「今日はドームでカープ戦か」と知るような状況(個人の感想です)、福岡と比べると盛り上がりの差が歴然で少し心配です。

ホークスが初優勝した時も福岡にいましたが、優勝が近づくと街中そわそわしていて、面識の無いおばぁさんが興奮してホークスの事を話しかけてきたりと、いい意味で異様な雰囲気でした。優勝決定の夜も天神の街は人で溢れ、いろんなところでパブリックビューイングが開かれ、歩くのもままならない状況、優勝パレードの日なんて歩けないどころか動けないほどだったのを思い出します。その後、名古屋に来てドラゴンズ優勝も経験するのですが街の雰囲気に目に見えた変化がなくちょっと驚いてしまいました(あくまでも福岡と比べて)。

県民性というのもあると思うのですが、恐らく名古屋の街の性質として、平地がちで、郊外に住んで郊外に働きに行く人の割合が他の大都市に比べて多く、感じる賑わいがどうしても乏しくなってしまっているのではないかと思いました。

とはいえ強くなればおひざ元が盛り上がるのがプロ野球。しかしながら落合監督以降のドラゴンズは「強くなってブランド力が低下した」そんな不思議な状況に陥っているように感じて心配です。

名古屋の半分の規模の福岡があれだけ盛り上がっていて、ナゴヤドームは閑古鳥・・・球団経営って難しいなって思いますが、何か根本的な魅力が今のドラゴンズには欠如しているように気がしてなりません。12球団の中では古豪の部類。何だか色々なしがらみが邪魔しているような感じがします。

福岡に行って、福岡の事を書こうとしたのに、ドラゴンズを懸念する内容になってしまいましたが、それだけ福岡の街は活気に溢れていました。ドラゴンズの状況もきっと今が底。これから色々と変貌してかつての熱い球団が蘇る事を期待しています!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA