明日から夏の甲子園ですね

高校野球の開会式・初日は明日に順延になってしまいましたが、また熱い戦いが始まります。

世間の注目は大阪桐蔭や横浜、秀岳館といった強豪校の戦いなのでしょうが、個人的には判官贔屓な性格なので、初出場校だったり公立校の戦いに注目してしまうひねくれものです。

明日の初日の組み合わせを見ると、いきなり彦根東VS波佐見の公立校同志の対決。我が琴線に触れる組み合わせです。カメラマン時代に、波佐見町界隈にはよく仕事で訪れていたので長閑な長崎の小さな町の様子が懐かしく脳裏に浮かびます。記憶違いかもしれませんがあの辺りは小学生年代ではソフトボールが盛んで、中学校は全国大会に出てくるような強豪だったような気がします。平日の第一試合で順延という事もあり遠く長崎から応援に来られる方は彦根東に比べたら少ないかもしれませんが、現地では町から人が消えるような盛り上がりではないでしょうか。

日本中が注目するような大型チームの戦いぶりに注目が集まるのもいいですが、小さいころから知ってる子供たちが地元の学校から甲子園に行って、町のじいちゃんばぁちゃんも必死で応援する・・・こんな光景も素敵だなって思います。

相手の彦根東も地元の進学校。甲子園へ比較的容易に行ける距離という事もあり平日とはいえきっと大勢の応援団が訪れるでしょうね。伝統校はOBも多く応援席の圧力が違うので中継の合間に写るアルプス席を見るのも好きで、応援団がぎっしりの学校を見ると嬉しくなります。

選手の能力に注目するのもいいですが、ちょっと違った視点で今年も高校野球楽しみたいです。

—————————————————————————
デザインスポーツフォト

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA