デザインパネルで使用するお写真について

デザインパネルタイプでは皆様が撮影した選手の皆さんの写真データーを使用して作成します。プレーしている写真でなければ使用出来ない訳ではないので、お写真のハードルはそんなに高くありません。真剣な顔、楽しそうな顔、表情が分かれば大丈夫。不安な場合はこちらでお任せで大丈夫ですのでお写真を多めに送って下さい。

 使用可能なデーターを一人当たり複数枚ご用意下さい。

候補になるお写真

◎お写真は必ず選手毎に分けてご用意願います

お写真は出来るだけ全身が写っていて表情がよく分かるものを一人当たり複数枚お選び頂き、必ず選手毎にフォルダーに分けてご提供下さい。その中からバランスよくレイアウト出来そうなお写真を選びましてデザインを進めさせていただきますが「使用して欲しくないお写真」だけは送らないようにお願い致します。お写真の点数が多くなる分には一向に構いませんので、判断に迷う場合は多めに送って頂いて構いません。
その他不明な点等「よくある質問」もご参考下さい ▶▶

卒団記念品の作成事例

◎お写真はプレーしているところでなくても大丈夫です

使用するデーターは切り抜いてレイアウトしますので、必ずしもプレー中のお写真でなくても構いません。プレーの合間の真剣な表情、楽しそうな表情など簡単に撮影出来るお写真でも大丈夫です。例えば、打席内や出塁してサインを見つめる表情、ボールには絡んでいないけど他のプレーヤーを見つめる真剣な表情、練習中にチームメイトと楽しそうに話しているところ・・・そのようなシーンを抑えておくと、あまり試合に出れない選手やポジションが遠くて撮りずらい選手も素敵にデザイン出来るかもしれません。
実際の作成事例等も参考にご覧下さい ▶▶

プリントからのスキャニング画像

  

◎プリントされた写真の場合

綺麗に撮影されていればプリントをスキャナーで読み取った画像も使用する事が可能です。選手が大きく写っていればL判サイズを読み取った画像でも使用出来ますが、2L判(よく大会等で業者が販売しているサイズ)くらいの大きさのプリントが好ましいかと思います。 但し「元のプリントのサイズや選手の写りが小さい」「スキャナーの性能や、設定により低画質になっている」などの場合は使用を控えさせ頂きますので、読み取る際のスキャナー側の設定が高画質になるようにお願い致します。

 撮影時のカメラの設定等。

画質の説明

◎カメラの画質サイズは高い方が綺麗に仕上がります

撮影時にカメラの画質サイズを高めに設定した方が、色調の等の修正等をした際に綺麗に仕上がります。画質サイズが小さいとレイアウトする際に画像を大きく引き伸ばす事になるので多少画質が粗くなり、色調の修正をした際等にムラがのようなものが生じる場合があります。言わなければ分からないレベルですが、画質サイズが小さく、写っている選手も遠くて小さい場合は使用を控える事もありますので、画質サイズを高めにして出来るだけ大きく選手を撮影される事をお薦め致します。

サイズの調べ方

◎画像サイズの確認の仕方

画像のアイコンを右クリックして、表示されるメニューの「プロパティ」をクリックして頂くと、下図のようになり「サイズ」のところに画像のファイルサイズが表示されます。このファイルの場合は1.34MB となります。
1MB以下は単位がKBになりますので「サイズ」が600KB(0.6MB)のように表示されていたら使用には適さないサイズとなります。
※1MBは1000KBとなります。

サイズの目安

◎パネルサイズと適正画像サイズの目安

大サイズパネルは画像サイズが3MB以上、小サイズパネルは2MB以上にすることをお勧めします。目安ですのでそれ以下でも作成は可能です。但し、選手が小さく写っていたりする場合は目安内に収まっていてもレイアウトの際に大きく引き伸ばすことになるので画質が粗くなることがあります。ご注意下さい。

 データ集約の際、スマホや携帯などを経由した画像にご注意下さい

スマホ画像の注意点

◎撮影者がチーム内に複数いる場合はご注意下さい

チーム内でデーターを集約頂く際には必ず撮影したオリジナルデーターをご提供願います。一旦携帯やスマホに送信してからPCに送信する形でやり取り行うと、データーサイズが自動的に縮小されてしまう場合がございますのでご注意下さい。LINE等の通話アプリを介したデーターも同様です。小サイズパネルの大きさでしたら使用出来る範囲内での縮小に収まる場合もございますが画質は少し粗くなります。撮影データーを所有している方が複数いる場合は、PC同士でメール送信するか、USBメモリー等の記録メディアを使用することをお薦め致します。よく分からない場合などはいつでもご遠慮なくお問い合わせください。

 ホームページの素材になっている画像は使用出来ません。

画面から保存の注意点

◎ホームページ等から保存しないでください

ホームページ等、WEB媒体の素材として使用されている画像を右クリック等で保存して取得したデーターはモニター上では問題無く見えても実際にはサイズが非常に小さいのでほぼ使用出来ません。又スクリーンショットや動画撮影したものを静止画にして画面印刷したものも著しく画質が劣りますので使用は出来ませんのでご注意願います。モニター上で開いているオリジナルの撮影データーを直接保存しているものなら大丈夫です。

 せっかく素敵な写真をご提供頂いても採用されない場合もございます。

使用が難しい写真干渉する場合1

使用が難しい写真干渉する場合2

使用が難しい写真干渉する場合3

使用が難しい写真干渉する場合1

使用が難しい写真干渉する場合2

使用が難しい写真干渉する場合3

データーを切り抜いてレイアウトする際に、腕など体の一部が他の選手に干渉しそうな写真、選手同士が重なっているような写真は、レイアウトの希望があっても、別のお写真を使用させて頂く事がございます。但し、レイアウトする人数や他のカットとのバランスで問題なく使える場合もございますので、もし該当するようなお写真がございましてもお客様で判断なさらずにまとめて送って頂ければ使用出来るかどうかはこちらで判断させて頂きます。

 デザイン・レイアウトに適さないお写真

使用が難しい写真 顔が見えない

顔が見えていない

せっかくの卒団記念や大会出場記念も、表情や顔が見えていないと使用出来ません。又、他の選手と重なっているようなお写真も使用が出来ない場合があります。

使用が難しい写真 小さい

選手が遠すぎて小さい。

グランドが広い場合等、選手の写りが小さいと画質的に使用出来ない場合がありますので出来るだけ近づけるタイミングで撮影される事をお薦め致します。

使用が難しい写真 大きく写りすぎ

アップすぎる。

良い表情でもアップすぎたらレイアウトする事が難しくなりますので出来るだけ全身~ひざ下くらいまでが写っている写真をご提供下さい。

使用が難しい写真 手ブレピンボケ

手ブレやピンボケで画像が不鮮明

シャッター速度や感度の設定などを確認して頂き、出来るだけ明るい時間に撮影する事をお薦めします。又、ピントが合っていないお写真は切り抜く事が出来ないために使用が出来ない事もございます。

使用が難しい写真 明るい

極端に明るく白飛びしている

極端に明るい写真は修整が効かない為、ほぼ使用が出来ませんのでご注意下さい。原因としてはカメラの設定ミス等があげられますので撮影時に気が付いた場合はカメラの設定等をご確認ください。

使用が難しい写真 逆光

逆光等で極端に暗い場合

朝方や夕方など、太陽が低い時間帯の逆光やカメラの設定等で極端に暗くなっているお写真は使用出来ない場合があります。多少の逆光であれば修正して問題無く使用出来ますので逆光の写真が全てNGという訳ではありませんので判断に迷う場合は送って頂いて構いません。

※上記件に該当するような場合でも、アップ気味の写真などは他のお写真との兼ね合いで使用出来る場合もありますので判断に迷うようであればご遠慮なくお送り下さい。ご提供頂くお写真が多い分には一向に構いません。

 チームロゴのデーター等があればレイアウト致します。

ロゴのデーター、なければユニホームの胸文字や団旗等のお写真がございましたら、デザインに使用させて頂きますので、選手のお写真と一緒にお送り下さい。切り抜いてレイアウトしますので、平らな場所に置いてロゴの部分等を大きくして写して頂くと見栄え良くレイアウト出来ます。着ている選手のユニホームをよく見えるように大きく撮影して頂いても構いません。※デザインによっては使用出来ない場合もございます。

  • デザインパネルレイアウトについて
  • デザインパネルの仕様について
  • デザインパネルのお申し込み方法について

↑ PAGE TOP